着るだけで、その弛んだボディを意識し、憧れの細マッチョに近づくとウワサの金剛筋シャツ。

 

女性の補正下着も数多くありますが、男性の場合は女性のような柔らかいS字ラインではなく、このシャツのネーミング通り、金剛筋という平らで固そうなボディが魅力的で素敵ですよね!

 

ただ、この金剛筋シャツ、ちまたの口コミではサイズ選びが超重要みたいなんです!

 

ということで、金剛筋シャツのサイズとその選び方についてまとめてみました!早速ご覧ください!

 

 

金剛筋シャツのサイズ選びは超重要?

 

金剛筋シャツに限らず、洋服はサイズ感が大切ですよね。どんなに高い洋服でも、身体に合ってないものは見た目が残念な印象になってしまいます。

 

小さすぎてピチピチでも苦しそうだし、大きすぎると何となくだらしなく見えたり・・・。

 

金剛筋シャツも同じで、サイズ選びは慎重に行う必要があります。

 

見栄をはって小さいものを選んだり、ちょっとゆったりめに大きなサイズを選んだり、そんな選び方をしていたら効果も半減してしまいますよ!

 

ということで、金剛筋シャツのサイズ展開は以下の通りです。

 

Mサイズ

  • 身長:162センチ〜175センチ
  • 胸囲:84センチ〜96センチ

 

Lサイズ

  • 身長:172センチ〜185センチ
  • 胸囲:94センチ〜106センチ

 

どうでしょう?まあ、普通の洋服を選ぶ感覚と同じですよね。

 

と、ここで疑問に思ったことが・・・。

 

このサイズより大きい、もしくは小さい場合、どうすればいいのか?

 

これは公式サイトには掲載されておりませんが、私の個人的な見解としては、購入不可ということなのではないかと思います。

 

公式サイトには、体重が70キロでも80キロでも90キロでも100キロでも関係ない!と書いてありますが、つまり体重は何キロでもいいんです。

 

問題は、胸囲、そして、腹囲、ですよね。

 

体重ではなく、胸囲や腹囲があきらかにオーバーしていると着れない可能性がありますので注意してくださいね。

 

 

 

サイズを間違うと効果なし?

 

 

金剛筋シャツはかなり伸縮性がありますので、ビックリするくらい伸びることは伸びます。

 

しかし、締め付け感がハンパじゃないので、あまりにもサイズがあっていないと着たあとに具合が悪くなる可能性もあると思います。

 

金剛筋シャツは24時間着続けることを推奨していますので、締め付け感がきつすぎて数時間で脱いでしまっては効果がありません。

 

適度な締め付けで、24時間着続けることによりインナーマッスルを鍛える、という目的がありますので、そういった意味から、サイズを間違うと効果がないといわれているのかもしれませんね。

 

 

サイズ展開がMとLだけなので、超ビック体型の男性はちょっと・・・って感じですよね。欧米の男性のように、体格が大きい方はちょっと難しいかも。

 

金剛筋シャツはあくまで細マッチョを目指す加圧シャツなので、ゴリマッチョを目指している方にはそもそも目的が違いますけどね(笑)。

 

ということで、金剛筋シャツのサイズについて、でした!