漢方薬は生姜やシナモンなどの代表で、食品成分としても有効になっています。その一つであるヨクイニンはハトムギから作られており、お茶として飲んでも成分を取り込めます。病院で処方される漢方薬の成分とお茶の成分は同等なので、市販のばらつきはありますが品質は問題ありません。

 

ヨクイニンの効能の中で有名なのが、首イボ対策です。免疫細胞を活性化することで、イボ除去が期待出来ます。免疫細胞の働きがよくなることで、ウィルスや細菌から身体を保護します。それ故、免疫が関係している首イボを取る可能性が高いと言われています。手や指のイボや顔に急にできるイボに対しても、除去効果が期待できます。

 

イボウィルスは人の細胞内に入り込んで、その場所で共存することになります。一度私達の体内においてイボの存在を許すと、免疫が働くことがなくなり身体から追い出されなくなります。それに対してヨクイニンを摂取することで、免疫系が活性化されることになるので共存ウィルスの追い出しができます。実際に指のイボがキレイにとれた患者が多数存在し、ミカンの皮をむいたようにツルツルになったと言います。

 

ヨクイニンは身体の内部から免疫系を強めイボを取り除くので、飲み薬で摂取するのが効果的になります。塗り薬で効果を得ようとすれば、クリームの成分濃度が高い必要があります。そして何よりも成分が肌に浸透しやすくなっていることが大切です。ヨクイニンは首イボ対策で必ず効くわけではなく、遺伝性のイボには効果は薄いとされています。

 

ヨクイニン配合の首イボジェルといえば「クリアポロン」が高評価を得ています。自宅で簡単にケアできますしので、忙しい方にもオススメですね。まずは、クリアポロンの口コミなどをチェックして見てもイイかもしれませんね。

 

参照:http://xn--cckzan1ola6dxa2c4d0770c.com