紫外線から肌を守るように若いころから気を配るようにしなければ、将来シミやシワなどに悩まされるようになります。同い年の人でも外見年齢に大きな隔たりがある理由の一つは紫外線対策を怠らなかったかどうかにあると言っても過言ではありません。

 

紫外線対策としてポピュラーな方法は日焼け止めを塗ることですが、塗った直後から少しずつ効果が薄れていくという欠点があります。そのため肌が露出する所を紫外線から守るためには、本来なら2時間おきに日焼け止めを塗り直さなくてはいけません。しかし外出中に塗り直すのは難しいですし、場所によっては塗り残しが生じることもあるでしょう。

 

そのような塗る日焼け止めの欠点をカバーしてくれるのが、市販されている飲む日焼け止めです。ドラッグストアや薬局などの販売店で取り扱っています。

 

飲む日焼け止めの主な役割は、身体の内側から日焼け止めを予防することとシミの原因になるメラニンが体外に出ていくように促すことです。ターンオーバーが遅れてしまうとその分メラニンが皮膚に定着しやすくなります。紫外線を浴びることで生成される活性酸素を無害化するために、ビタミンCやリコピンなどの抗酸化成分も入っているので、肌の酸化も防げます。

 

ドラッグストアなどの販売店で購入することのできる飲む日焼け止めは色々あります。使い続けることに意味があるので、薬に配合されている成分や価格を吟味しながら最適なものを選びましょう。

 

ただ、市販の日焼け止めサプリは成分に物足りないものばかり…じゃあ、どういう成分が含まれていればいいのか?は、下記のサイトを参考にしてみてくださいね。

参照:《成分マニアが教える》絶対に選んではいけない飲む日焼け止めサプリ?